カントン包茎であることの弊害は?コンプレックスだけが目的ではない!

カントン包茎の症状やタイプ

カントン包茎に対するコンプレックスは様々、包茎手術の目的はコンプレックスを解消するためだけではありません。
カントン包茎には、平常時(勃起状態ではないとき)にスムーズに剥けるタイプや平常時からスムーズに剥くことができないタイプがあります。
さらに、いずれのタイプでも無理に鬼頭を露出させると包皮が元に戻すことが困難になり、亀頭や陰茎が締め付けられてしまい痛みを伴うと同時に包皮がドーナツ状に大きく腫れてしまいます。
この場合は、カントン包茎のコンプレックスを解消するという目的ではなく適切な治療を受けるなどの重要な目的に変わります。
包皮がドーナツ状に腫れている状態を放置した場合、腫れはさらに悪化して激しい痛みを伴い最悪の場合、亀頭が懐死する恐れもあるので挿入に包茎手術を受けることが大切です。
2つのカントン包茎のタイプは、コンプレックスに感じるケースは多いけれども、無理に皮を剥いてしまうと痛みを伴う腫れが生じることを理解しておかなければなりません。

包皮が少しずつドーナツ状に腫れることも

平常時はスムーズに剥くことができる、これもカントン包茎の一つになりますが、勃起時に包皮をめくると亀頭を露出させることはできるけれども途中で締め付けや痛みが生じてしまい、それ以上剥けることもあればできないこともあるなど個人差があります。
このようなカントン包茎は、コンプレックスから亀頭を全部露出させることはできるけれども、亀頭や陰茎に対して強い締め付けや激痛を伴うこともあるため無理をせずに包茎手術を受けることが先決です。
また、正常時や勃起時などに関係なく、亀頭を露出させる中で締め付けや痛みなどがない、これは隠れカントン包茎と呼ばれるもので長時間亀頭を露出させた状態にしていると包皮がドーナツ状に腫れて来ることがあるので注意が必要です。
そのため、平常時からスムーズに包皮を剥ける否かに関係なく、ドーナツ状の腫れが生じるリスクがあるコンプレックスを解消する目的包茎手術を行うだけはありません。

まとめ

カントン包茎は、包茎の一種で包茎出術を受ける目的は主にコンプレックスを解消するため、このように考える人も多いようです。
ただ、カントン包茎は無理をして包皮を剥こうとするとドーナツ状に腫れてしまうことがある、性行為などで女性器に挿入した際に包皮が下がり亀頭が露出してそのまま元に戻らなくなるリスクがあることを理解しておかなければなりません。
症状が悪化する前に包茎手術を受けることは、コンプレックスだけでなく腫れなどのリスクを回避する重要な目的があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。